Fukatsu material working Industry

会社概要

深津金属工業有限会社
創   立 昭和43年5月1日
所 在 地 愛知県 豊田市 渡刈町 上大新田 122-35
資 本 金 1,200万円
年   商 2015年度 7億1千700百万円
2014年度 6億9千500百万円
代 表 者 代表取締役社長 深津 廣文
専務取締役   深津 章文
社  員 35名(2016.05.30.現在)
海外実習生
受   入
(公) 日本・インドネシア経済協力事業協会
  2008年 1期生 ~ 2016年度 8期生
   ※15名が技術を習得し母国で日系企業等で活躍中
  2016.06.01.現在9名在籍

深津金属工業有限会社の経歴書

深津金属工業有限会社の経歴書にリンク

代表者ごあいさつ

―目指せ! オンリーワンのもの創り、オンリーワンのひと創り ―

 深津金属工業 有限会社のルーツは、先代社長が昭和21年に創業した「深津和紡績」に由来します。
 いわゆる「ガラ紡」と言われるもので、戦後の何も無い時期、大いに繁盛したと聞いております。やがて、トヨタ自動車の発展、農業の機械化もあって、昭和35年「深津工業所」を設立し、自動車部品、農機具部品の製造を始めました。そして、昭和43年(1968年)現在の社名となる「深津金属工業 有限会社」に改名致しました。
 現在は、自動車のマフラー、ボデー部品のプレス、溶接加工を主力とし、とりわけステンレス、アルミの薄物溶接を得意としています。
 また、各種セラミックス、活性炭、繊維、金属製の特殊フィルターを活用した「浄水・排水処理装置」を研究開発、提供しております。
 私は、高度成長、バブル、デフレ、リーマンショックを経験してまいりました、その教訓から学んだことは、会社にはまず「ひと」、次に「技術」「設備」、そして何よりもそれらを支える「理念、方針」こそがとても重要であると言うことであります。お陰さまで、今までは真面目にコツコツやっていれば、仕事は受注出来、着実な成長を果たす事が出来ておりました。
 しかし、これからは、重要な「理念」である「オンリーワンのもの創り、オンリーワンのひと創り」を目指して、今一層努力しなければ生き残っていけません。
 明るい未来を実現する為、「ひと・技術・設備」に更なる磨きをかけ、社員一同と共にがんばってまいります。

代表取締役 深津 廣文

アクセス

  〒470-1202
  愛知県豊田市渡刈町
  上大新田122番地の35
  TEL:0565-28-0253
  受付:8:15~17:15
  定休日:土日祝(一部土曜稼働)

Map